「もっと光を」の本当の意味とは?

 ◆ 今回の「本当かよ?」
      
  ──────────────────────────────
   ゲーテ最期の言葉「もっと光を」の本当の意味とは?
  ──────────────────────────────
   詩人、ゲーテの最期の言葉として有名な「もっと光を」という
  セリフ。
   「この深く、絶望的な世の中に、もっと光を」という意味で言
  ったのだと言われています。

   しかし、しかし、本当はこの言葉には続きがありました。

  「もっと光を、格子戸を開けてくれ」と続くのです。
   つまり、部屋が暗かったので明るくしてくれという意味で言った
  のが本当のようですね。

   いつの間にか、この前半のセリフだけが一人歩きしたのでした。
  

========================================================================
 ≪今回の「本当かよ?」度≫

   ★★★★☆(星4.0)
  ゲーテの日本語表記は、古くは「ギョエテ」「ゲョエテ」「ギョーツ」
 「グーテ」「ゲエテ」など数十種類にものぼる表記が存在し、そのこと
 を諷して斎藤緑雨は「ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い」という川
 柳を詠んでいます。
  
========================================================================
 ◆あとがき
  現在、ゲーテ生誕の地フランクフルトからゲーテゆかりの地、
 フルダ-アイゼナッハ-エアフルト-ワイマール-イエナ-ライプチヒを結ぶ
 約380kmにも及ぶ道のりはゲーテ街道と呼ばれています。
  
  一度、旅行で行ってみたいですねー。
  あー、最近、旅行に行ってないなー!!
  
==========================================================================


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。