桂小五郎カテゴリの記事一覧

逃げてばかりいた?

 ◆ 今回の「本当かよ?」
      
  ─────────────────────────────
    幕末の英雄、桂小五郎は、実は逃げてばかりいた?
  ─────────────────────────────
  
   桂小五郎といえば、幕末から明治維新にかけて活躍した倒幕の中心人物
  ですね。ところが、実際はヒーローとしてのイメージから程遠い、逃げて
  ばかりいたという記録が残っています。
   まず。有名な「池田屋事件」。彼は定刻より早く着いたため、向かいの
  因州屋敷で碁を打っていて襲撃を逃れた。
   また、その一ヵ月後の「禁門の変」でも言い訳して戦闘に参加しなかった。
   さらに、その後会津藩に掴まるが、連行の途中に大便をしたいといつわって
  スキを見て逃げてしまう。
   では、なぜこんなに命の危険から逃げることができたのか?
   それは、幾松という京都の三本松の芸者をスパイとして雇い情報を得てい
  たからなのだそうだ。

========================================================================
 ≪今回の「本当かよ?」度≫

   ★★★☆☆(星3.0)
  
   逃げまくっていたというよりは、人一倍用心深かったというべきでしょ
  うか?
   これほどの用心深さがあったからこそ幕末の混乱期を生き抜き、明治政
  府の高官まで登りつめることができたのかもしれませんね。

========================================================================


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。